2010年08月02日

プラレールをイジってみました

来月で3歳を迎える我が息子と、プラレールで遊んでるわけですが、【あるイベント】に合わせて、道東エリアでゆかりのある車両を作ってみました。(主に色の塗り替え)

まずは、製品版『スーパー白鳥』をベースに顔つきが同じ『キハ261系1000番台』を作成。
塗装は缶スプレーと筆塗りですw
プラレール キハ261
ヘッドマークは、『スーパーとかち』ではなく、同車両に内蔵されている『スーパーおおぞら』です。
代替輸送のために入れてるんでしょうか?今だ実現してませんが。
ちなみにHMやサイドのロゴはパソコンで作成して、耐水フィルムに印刷して貼り付けました。

お次は一番力が入った、製品版『オホーツク』をベースにした『まりも』
夜行特急の目印となる『寝台車』は、外見が同じオハネフ25(いっぱい繋ごう北斗星セットの編成)をJR北色に塗り替えスハネフ14へ。かなり苦労しました(^_^;)
プラレール スハネフ14
ウェザリングしすぎな感はありますが…。
ヘッドマークは敢えて急行時代のを貼りました。

また、キハ183オホーツクの中間車両をHET色に塗り替えて、それっぽい編成にしてみました。
プラレール まりも183

ついでといってはなんですが、上記モデルのシール作成で空いたスペースに他のヘッドマークを印刷して、ステッカーだけ貼り替え。

まずは、昔夏季臨時で走っていた『北斗星まりも』
DD51、オハネフ25、カニ24に貼付です。
プラレール 北斗星まりも

製品化されているJR北のSLは『大沼号』なんですが、こちらも昨シーズン使われた『10周年湿原号』のものへ…。
プラレール 湿原号

最後は、コンテナのシールを作成。
JOTコンテナ輸送50周年通常色(製品版とは若干デザイン違います)を。
こちらは製品版自体サイドはステッカー処理されてるので、上から貼っただけです。
プラレール コンテナ1

しかし、このコンテナ、8個全部『番号が違います』
せっかくなんで、そこの部分だけ個別にデータ作成しました。
プラレール コンテナ2

多分しばらくしたら、息子に遊ばれて塗装も剥がれてくるとは思いますが、まぁ『パパの自己満足』ってことでw

次789系スーパーカムイに挑戦しようかな!?


posted by 鉄ネット・タカ at 09:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 鉄ネタ色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。