2010年08月05日

【2010】釧路車両所祭り

今年もJR北海道釧路支社主催の『釧路車両所一般公開』が7月31日に開催されました。
僕がお世話になってる『釧路臨港鉄道の会』も、例年通りNゲージ運転会を、修繕庫内で行いました。
で、便乗というわけじゃないんですが、我が家のプラレールも一緒に走らせちゃおう!ということで、特別レイアウトを設置。
前回エントリの改造プラレールはこの日の為に急遽施工したというわけです。

開園は10時ですが、事前準備するので8時半くらいに現地入りしました。
プラレールは、Nゲージレイアウトの中央部分にテーブルを設置してそこに。万が一、チビっこが場内に進入した場合に、容易に触れられないようにするために(^_^;)

レイアウトは複線楕円の中に『釧路車両所風』なヤードを設けた感じです。
釧路車両所02
この日デビューの『まりも』
釧路車両所01
チビっこよりも、大きいお友達に大好評だったのはご愛敬(笑)

Nゲージでは、JR釧路支社長さんの特製『北海道新幹線イメージ車両』です。
E2系『はやて』をベースに、イメージスケッチのカラーリングを施したもので、後で聞くと苗穂工場の職人さんが塗装されたとか…。
苗穂工場一般公開などで走らせていたようですが、昨年支社長が転勤されてからは、道東で初めてのお披露目だったようです。
釧路車両所03

段取りが一段落してから、入場直前の構内を散策。
一般公開といっても、普段の入れ替え等は行われているので、時折車両が行き来してます。
釧路車両所04

例年人気の高い、『機関車体験乗車』。DE15の運転席にお客さんを乗せて、片道500m程の距離を往復します。
釧路車両所05

車両所と釧路駅の間で数往復、無料のシャトルトレインが走るのですが、今年は昨今目玉の『タラコ色キハ40-777』が担当。多くのお客さんがこれに乗って訪れました。
釧路車両所06

田舎の釧路ではなかなか目にすることができない、Nゲージの走行は、毎年人気スポットになっています。
今年も大人から子供までひっきりなしに足を止めてました。
中には、「貨物列車走らせて」、「スーパーおおぞらは?」などとリクエストが多々あって、運転チーフの臨鉄の会Sさんも大忙しでした(笑)
釧路車両所07

また、JRではないですが、市内の『ミヤケ模型』さんに展示していた、『太平洋石炭販売輸送』の運炭列車も登場。
DD13を改造した機関車で、実車さながらのプッシュプル運転です。
釧路車両所08

この列車の石炭貨車といえば、2両が1セットとなった『連接車』、模型でもきちんと再現されています。
しかも、中に入っている石炭は、『ホンモノの太平洋炭』という気合いの入れよう(笑)
釧路車両所09

公開は、午後2時半まで行われ、今年は過去最高の2000人以上が来場されたようでした。
夕方には、釧路駅構内のお蕎麦屋さんを貸し切って、支社長を囲んでの打ち上げも開催されました。

来年は『石勝線開通30周年』なので、釧路支社さんも気合いが入っているようで、来年に向けても色々と『テツ企画』が楽しみです。


posted by 鉄ネット・タカ at 08:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄ネタ色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。