2008年09月30日

【石北本線】生田原-金華 (146キロポスト)

開成 地図いわゆる石北本線といえば「ココ!!」と言うほど、定番中の定番の場所です。 蒸気機関車の時代から有名撮影地でした。 釧路からは国道240号を延々を走り津別町を抜け道々27号で北見方面へ走ります。 通常ですと北見市内に出てから国道39号を留辺蘂方面へ走るのですが、交通量も多く結構時間がかかります。 そこで裏道で留辺蘂へ向かいます。 開成峠の分水嶺から6km程走ると開成川を渡のですが、橋の手前を左折します。 道なりに進むと道々986号にぶつかるのでそこを右折し少し行った道々50号を左折。 最初の信号を右折→旧銀河線を越えてすぐ左折し、直線の農道に出ます。 8km程走るとそのまま道々261号になり、そのまま10km程走ると国道242号にぶつかります。 そこを右折すると5分程で留辺蘂市街の国道39号に入れます。 留辺蘂市街から国道242号遠軽方面へ左折します。 20km程で生田原です。 釧路市街から生田原まで、上記ルートで約2時間半です。



146キロポスト地図
 市街地に入る手前の川を渡るとすぐに右折して小さい道に入ります。 道なりに6km程走ると常紋峠への林道に入ります。 線路と並行したフラットダートを数分走ると線路を渡る踏切があり、ここから峠道となります。 線路に近づくコーナーを3つ程行った所がポイントです。 駐車は林道上しかないので、なるべく路肩に寄せて通行の邪魔にならないようにしてください。 撮影ポイントはそのカーブから下へ降りる土手を下っていきます。 撮影用に伐採?されているので場所はそれなりに広いです。 といってもキャパシティは10名程度といったところ。 紅葉の時期は週末ともなると結構な人出になります。 推奨レンズは中〜超望遠までどれを使用してもOKといったところです。 良い場所がゲット出来れば中望遠がベターですが、先客で自由に場所が取れない場合は、望遠で逃げるしかないようです。


【作例1】DD51 臨貨8073レ
生田原146k 作例1
Nikon D80 SIGMA 28-200mm F3.5-5.6 ASPHERICAL MACRO 92mm(35mm換算:138mm)1/125 f8 ISO400 WB:オート

【作例2】DD51 臨貨8073レ
生田原146k 作例2
Nikon D80 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G 170mm(35mm換算:255mm)1/500 f8 ISO800 WB:晴天

コンビニは生田原駅付近の国道沿いにセイコーマートがあります。


参考書籍 【北海道鉄道撮影地ガイドBEST60+2】 P102
【北海道貨物列車撮影地ガイドBEST50+3】 P36
【お立ち台通信 vol.1】 P30


posted by 鉄ネット・タカ at 11:27 | TrackBack(0) | ┣石北本線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。