2010年08月05日

【2010】釧路車両所祭り

今年もJR北海道釧路支社主催の『釧路車両所一般公開』が7月31日に開催されました。
僕がお世話になってる『釧路臨港鉄道の会』も、例年通りNゲージ運転会を、修繕庫内で行いました。
で、便乗というわけじゃないんですが、我が家のプラレールも一緒に走らせちゃおう!ということで、特別レイアウトを設置。
前回エントリの改造プラレールはこの日の為に急遽施工したというわけです。

開園は10時ですが、事前準備するので8時半くらいに現地入りしました。
プラレールは、Nゲージレイアウトの中央部分にテーブルを設置してそこに。万が一、チビっこが場内に進入した場合に、容易に触れられないようにするために(^_^;)

レイアウトは複線楕円の中に『釧路車両所風』なヤードを設けた感じです。
釧路車両所02
この日デビューの『まりも』
釧路車両所01
チビっこよりも、大きいお友達に大好評だったのはご愛敬(笑)

Nゲージでは、JR釧路支社長さんの特製『北海道新幹線イメージ車両』です。
E2系『はやて』をベースに、イメージスケッチのカラーリングを施したもので、後で聞くと苗穂工場の職人さんが塗装されたとか…。
苗穂工場一般公開などで走らせていたようですが、昨年支社長が転勤されてからは、道東で初めてのお披露目だったようです。
釧路車両所03

段取りが一段落してから、入場直前の構内を散策。
一般公開といっても、普段の入れ替え等は行われているので、時折車両が行き来してます。
釧路車両所04

例年人気の高い、『機関車体験乗車』。DE15の運転席にお客さんを乗せて、片道500m程の距離を往復します。
釧路車両所05

車両所と釧路駅の間で数往復、無料のシャトルトレインが走るのですが、今年は昨今目玉の『タラコ色キハ40-777』が担当。多くのお客さんがこれに乗って訪れました。
釧路車両所06

田舎の釧路ではなかなか目にすることができない、Nゲージの走行は、毎年人気スポットになっています。
今年も大人から子供までひっきりなしに足を止めてました。
中には、「貨物列車走らせて」、「スーパーおおぞらは?」などとリクエストが多々あって、運転チーフの臨鉄の会Sさんも大忙しでした(笑)
釧路車両所07

また、JRではないですが、市内の『ミヤケ模型』さんに展示していた、『太平洋石炭販売輸送』の運炭列車も登場。
DD13を改造した機関車で、実車さながらのプッシュプル運転です。
釧路車両所08

この列車の石炭貨車といえば、2両が1セットとなった『連接車』、模型でもきちんと再現されています。
しかも、中に入っている石炭は、『ホンモノの太平洋炭』という気合いの入れよう(笑)
釧路車両所09

公開は、午後2時半まで行われ、今年は過去最高の2000人以上が来場されたようでした。
夕方には、釧路駅構内のお蕎麦屋さんを貸し切って、支社長を囲んでの打ち上げも開催されました。

来年は『石勝線開通30周年』なので、釧路支社さんも気合いが入っているようで、来年に向けても色々と『テツ企画』が楽しみです。


posted by 鉄ネット・タカ at 08:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄ネタ色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです!
完全に夏バテしてしまってやる気がダウンです(^^ゞ

北海道新幹線のイメージ塗装はいい感じですね!
早く開通して欲しいのは山々ですが
併走路線が陳腐化してしまうのが怖いです。。。
Posted by みゅーりゃー at 2010年08月07日 15:40
>みゅーりゃーさん
お久しぶりです!
こちらもここ数日35℃を越えております…。
釧路市内は5℃くらい低いですが。
北海道新幹線、出来たら確実にあっち方面は在来線は衰退しますね。
っていうか、山線は廃止になっちゃうでしょうね。
新幹線と全然関係ない場所がら、地元では話題にあがることもありませんが(笑)
Posted by 鉄ネット・タカ at 2010年08月07日 15:49
ご無沙汰してます。
タラコキハ以来、時々覗かせてもらってます。
素敵な写真ばかりで楽しいですね。写っている列車に乗ってみたくなります。
それにしてもプラレールから代議士との会食まで、幅広い活動は驚きです。

これからも楽しみにしてます。北海道らしい爽やかな夏の日の到来を願いつつ・・・・・
Posted by yamaちゃん at 2010年08月08日 16:58
>yamaちゃんさん
お久しぶりです。
先週から猛暑が続いている釧路です(笑)

先日、釧路支社長さんと会食した時に聞いた「タラコ化ウラ話」ですが、たまたま昨年転勤してきた支社長が、地元新聞のコラムでこの「2429D」をお薦めする記事を発見(ちなみに執筆したのは会のメンバーさんです)。
滝川出身ということもあって、数ヶ月後に帰省の戻りで、試しに「2429D」に乗って釧路まで帰ってきたそうなんです。
そこで、あのまったりした雰囲気が気に入られて、どうにかしてこの列車をPR出来ないか?と。
その後支社長さんも会に加わることになり(ちなみに氏はテツではないです)、その中で「国鉄色復活」の要望を受け…。

塗色変更だけでも社内の調整には難儀したそうです。
しかもそれを、定期的に「2429D」に充当させるということも、大変な苦労をされたようで。
その苦労あってか、この企画は成功してるようで、「2429D」完乗者もキャンペーン開始から150名弱を数える程になってるそう。多分この18きっぷシーズンも多くの乗り鉄さんが訪れるでしょうね。

今年は釧網線80周年、来年は石勝線30周年と記念が続くので、支社長さん始め釧路支社さんでは色々と企画を練っているようなので、楽しみです。
Posted by 鉄ネット・タカ at 2010年08月09日 09:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。