2010年08月09日

【JR釧路支社】僕等がいた原画展【サイン会】

7月31日〜始まった、旧釧路ステーション画廊跡を使用しての、地元在住漫画家【小畑友紀】さん『僕等がいた原画展』で、先日サイン会があったので年甲斐もなく参加してきました(^_^;)

『僕等がいた』は、釧路在住の作者さんが少女マンガ雑誌の『ベツコミ』で連載してるもので、物語の前半は釧路が舞台なんです。
また、主人公と相手の男の子の別れのシーンが、釧路駅の1番ホームということで、列車はほとんど出てきませんが、象徴的なシーンとして描かれています。

作者さんは自分と同い年ということで、以前からシンパシーを感じてたわけですが(^_^;)、今回この原画展を記念してサイン会が行われるという。
当初は、雑誌読者のみの企画だったのですが、急遽50名の当日受付があるとうことで、『忙しいさなか(嘘w)』並んでしまいました(^_^;)

流石に四十路のおっさんは『皆無』
並んでいる途中に支社長さんに会って恥ずかしかったす(^_^;)
僕等がいた サイン1
参加した人には、特製?の色紙にサインをもらえるんですが、自分の場合は『テツ』らしく現在発売中の『僕等がいた記念入場券』を購入して、そこに書いてもらいました。

浴衣姿の小畑さんは、大人しそうな細身の方で、やっぱ漫画家オーラが漂ってました。
…っていっても、漫画家さんに生で会うのは『生まれて初めて』なんですが(^_^;)
僕等がいた サイン2
こちらは配られた、色紙とあとおまけにポストカードの写真です。

今回の企画、たまたま支社の女子社員さんの発案ということで実現したようですが、作者さん自身の公式な原画展&サイン会は初めてということで、JR北海道釧路支社さん(´∀`)b グッジョブ!!って感じですね(笑)

原画展は9月5日までの毎日、10:00〜17:00まで、釧路駅構内で開催されています。
入場料は、大人500円・中/高生200円・小学生以下無料となっています。
釧路支社の特設ページはこちら
http://www.jrkushiro.jp/bokura/


posted by 鉄ネット・タカ at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。