2012年03月20日

【今季】SL冬の湿原号 川湯延長運転【二度目】

今シーズンは、例年にはなく3月下旬まで運転が行われ、最終の二日間は初日に続いての川湯延長運転が実施されました。
『湿原号』に関しては今年は結構撮ったので、正直おなかいっぱいではあったのですが、延長運転ということで友人Gを誘い撮り納め!?に行ってきました。

ロケハンというか新規開拓ということで、美留和のさけます孵化場付近に行ってみました。
S字カーブでなかなか良い雰囲気ではあるんですが、勾配がよくわからず…。
ロケハンしてた時にちょうど来た『快速しれとこ』で試し撮り。

快速しれとこ(キハ54) 釧網本線 美留和-摩周
快速しれとこ 美留和-摩周
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)

200mm(35mm 換算:300mm)1/500 f6.3 ISO200 WB:5560K

時間もあるので一旦撤収しましたが後に『ボツ』にしました(^_^;)

当初目星つけていたのは国道243号の跨線橋で、結局ラクを選び(^_^;)ここにすることに。
場所を確保して一旦弟子屈市街に下がり昼食。

前日夜に釧路地方は雪が軽く降ったのですが、結構雪を搔き分けて来てくれました。
ここでSLを撮影するのは初めてだったのですが、結構煙吐くので良かったです。

SL冬の湿原号(C11-171) 釧網本線 摩周-美留和
湿原号 摩周 R243跨線橋
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)+Ai AF-I Teleconverter TC-14E
280mm(35mm 換算:420mm)1/1000 f6.3 ISO200 WB:5800K


撮影後、一旦南弟子屈方面までロケハンしたもののいい感じの場所が見つからなかったので、摩周駅近くの跨線橋で撮影することに。ここも場所は知っていたものの撮影するのは初めて。
スタンバイしていたら、発車が近づくにつれて続々と集まってきました(^_^;)

SL冬の湿原号(C11-171) 釧網本線 摩周-美留和
湿原号 摩周駅発車
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)+Ai AF-I Teleconverter TC-14E
280mm(35mm 換算:420mm)1/1250 f5.6 ISO200 WB:5560K


横風が強く吹いて煙が流れてしまいました。
どうもバック運転は『絵創り』が難しいです…。
ちなみに、今回の補機は旭川所の原色DE15-1520でした。
旭川に回送するのに来たんでしょうか?

雲の感じがイマイチだったものの、今回の運転ではちょうど釧路到着が日の入り時刻ということで、うまくいけば釧路川で『ギラリ』が狙えるのでは?ということで、釧路へ。
到着してみたものの、雲行きは微妙…。
風が強いので動きはあるのですが、雲自体が大きく風向きが西風なので状況に変化無し。
それでも通過する頃はそこそこ焼けて、仕上がりをみると逆に雲の陰影がいい感じに出ていて、これはこれで良かったのかも?と。

SL冬の湿原号(C11-171) 根室本線 東釧路-釧路
夕暮れの湿原号 釧路川橋梁
Nikon D300S SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
19mm(35mm 換算:28mm)1/640 f5.6 ISO200 WB:晴天日陰


何より、通常は材木町踏切を過ぎると絶気(惰性)運転で橋を渡っていくのですが、この日は踏切まで惰性できて橋の手前から再加速して煙を出すという、機関士さんの粋な計らいが!
通常下り(復路)列車は釧路川橋梁は煙無しなんですが、素敵なサプライズでした。

今回撮影した各ポイントでビデオ撮影もしているので、そちらもご覧ください。
特に、国道243号の跨線橋と最後の釧路川は動画のほうが雰囲気伝わります。

SL冬の湿原号 川湯延長運転動画集(ハイビジョン対応です720P)


にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
バナーをポチっとお願いします

posted by 鉄ネット・タカ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ┃┣SL冬の湿原号特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/258994914
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。