2013年02月07日

【祝】40万Hit達成と『DL冬の湿原号』運行開始

当ブログも、前身のホビダスブログから始めて5年3ヶ月、先日の2月2日にアクセス数が40万件を越えました。今までも節目節目はあったんでしょうが、特に気にすることもなく(^_^;)
今回は数日前から目に付いたので達成のあかつきには何か書こうと思いまして(笑)
 当ブログもそれなりに名を知られるようになり、何かのきっかけでお知り合いになった方がご存じでいて下さったりして、話のきっかけにもなりました。
 やはりそこそこのアクセス数があれば、『誰かが何処かで見てくれている』わけで、更新するモチベーションも出てきたりしました。
 今後とも、大した内容ではないと思いますが、今まで通り気が向いた時に更新していきますので、よろしくお願い致します。

さて、そんな目出度い出来事があったにもかかわらず、夜23時17分頃に十勝中部でM6.5の地震が発生して、僕の住む釧路市阿寒町は『震度5強』を記録。外のカーポートに軽微な被害が出てしまいました…。(屋根に積もった雪の重みで余計に負荷がかかったようです…)
家族の無事を確認してすぐさま会社に向かって、帰宅したのは翌1時半でした(^_^;)

眠かったんですが日曜日の2月3日は久しぶりに『SL冬の湿原号』を撮影しました。といってもちょっと時間出来たから撮りに行っただけなんですが…。
出向いたのは『岩保木水門』付近。
当初は線路脇で撮ろうと思ったのですが、風が強くて煙が横に流されると思い水門のところで真横から俯瞰することにしました。真横からでも煙が風の影響受けてしまいましたが…。

C11-171 SL冬の湿原号  釧網本線 遠矢-釧路湿原
SL冬の湿原号2013 岩保木水門
Nikon D300S SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
21mm(35mm 換算:31mm)1/1600 f8 ISO200 WB:5560K


2月4日の月曜日は、今年のみの運転となる(であろう)『DL冬の湿原号』の運行初日となるので、(こっそり)出撃してきました。
約1年ぶりに訪れる塘路の『二本松』
今年はSLが走り出す前の12月にまとまった雪が降ったからか、コッタロ湿原道路からは除雪されていなくクルマで入ることは不可能になってました。
10分程歩いて撮影ポイントに来ましたが、確実に去年より枝が伸びていて、もう脚立無しでは撮影不可能(しかも1〜2名が限界)な状態になっていました。
定番よりも右手(コッタロ道路方向)にもサイド気味に撮れるポイントもありますが、こちらも枝が伸びてきていてかなり厳しくなってきてました。

この『二本松』のポイントからは、遠く塘路駅に停車する列車を見ることが出来るのですが、原色のDE15に牽かれた湿原号の茶色い客車は、往年の釧網本線の客車列車を彷彿とさせる雰囲気が遠くから見てとれました。

DE15-1520 SL冬の湿原号  釧網本線 塘路-茅沼
DL冬の湿原号2013 二本松
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
170mm(35mm 換算:255mm)1/1250 f8 ISO200 WB:5560K


車体の赤帯がなければもっと雰囲気出ていたんですが(笑)
普通に立って撮影するにはもうこのあたりのサイド撃ちくらいしたまともに撮影できません。
それでも右手のほうに若干枝が入ってしまったのでレタッチして消しています。

上のカットを撮影ご、すぐさまそばに立てておいた脚立に飛び乗って撮影。
このアングルもあと何回撮れるのか…

DE15-1520 SL冬の湿原号  釧網本線 塘路-茅沼
DL冬の湿原号2013 二本松2
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
200mm(35mm 換算:300mm)1/1250 f8 ISO200 WB:5560K


この日はこの撮影で終了(何せ平日ですから…)。
翌日は午後釧路に用件あったので、それが終わった後に釧路川橋梁(右岸)で戻りの『DL湿原号』を撮影しました。帰りは2エンド側が先頭になるという、僕の好きな向きなので早く撮ってみたかったのです。
ちなみに、今回の運転に合わせて青ベースの専用ヘッドマークが製作されています。

DE15-1520 SL冬の湿原号  釧網本線 東釧路-釧路
DL冬の湿原号2013釧路川右岸
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
55mm(35mm 換算:82mm)1/1250 f7.1 ISO200 WB:5560K


右岸側も釧路川整備工事でキレイになり撮影しやすくなりました。
冬場は除雪されてないので足場も若干高くなってますし。

さて、ここでお知らせですが、釧路駅構内になる『なつかし館 蔵(営業時間10:00〜20:00)』では、SL時代の釧路界隈の鉄道写真や書籍、サボなどのグッズが飾られていますが、このたび『SL冬の湿原号』写真展示が行われまして、不肖ワタクシの写真も何点か展示されることになりました(^_^;)
期間は3月末日を予定してるそうなので、釧路駅に立ち寄った際にはコーヒーブレイクに寄って頂ければと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
バナーをポチっとお願いします
posted by 鉄ネット・タカ at 01:02| Comment(4) | TrackBack(0) | ┃┣SL冬の湿原号特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。仕事の縁もあり、別海の地に住むようになり3年の内地出身者です。こちらのホームページを参考にさせていただき、先日は落石まで足を運びました。今後もタカさんの写真のような美しい姿を参考にさせていただきます。今後も楽しみにしております。失礼いたしました。
Posted by なーしぃ at 2013年02月07日 19:55
>なーしぃさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
落石行かれましたか!
僕も一番好きな風景なので行きたいと思いつつ1年以上足が遠のいてます(^_^;)
何せ阿寒からだと3時間はかかるので…。
たいしたガイド載せてませんが、これからも宜しくお願い致します。
Posted by 鉄ネット・タカ at 2013年02月08日 08:24
こんにちは。お久しぶりです
SLオホーツクの時にお世話になりましたsensonです

DL湿原号の写真拝見しました。いいですね!思いのほかかっこいいです
適度にあせた原色のDEが郷愁を誘います
北海道仕様のヘッドマークもSLのよりいいデザイン(笑)
今年は蒸機重連も中止になり湿原号詣ではやめにしとくつもりだったのですが、写真拝見してにわかに行きたくなりました。
ど、どうしよう

釧路駅の写真展示に採用されたのですね、おめでとうございます!
記念証の写真などJR関係でご活躍されているようでさすがです
道東出撃が叶ったらぜひ拝見させていただきますね。
Posted by senson. at 2013年02月12日 08:07
>ensonさん
お久しぶりです。
やはり「重連」狙ってたんですね(笑)
当初出動を予定されていて中止された方も多くいらっしゃったんでしょうね。
『DL冬の湿原号』何気に良い感じです(笑)
地元でも結構注目されていて、結構撮影されている方(テツというわけじゃなくSLだけ撮影されるような方々)も多いようです。
是非撮影に来て下さい。
写真展も3月いっぱいまで開催されてますので来道の際は是非ご覧下さい。
Posted by 鉄ネット・タカ at 2013年02月13日 08:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。