2010年04月30日

完乗しました

先ほど釧路に無事到着しました。最後は自動放送ではなく、添乗スタッフとして乗り込んでいた元車掌さんの営業さんが肉声でやってくれました。しかもアルプスの牧場のオルゴール付きです!
キハ40で!
かなり貴重な録音が出来ました。
アップをお楽しみに!




posted by 鉄ネット・タカ at 17:58| Comment(10) | TrackBack(0) | ┗乗りテツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

2009 SL常紋号に乗りテツ

 写メでお知らせした通り、6月27日の土曜日、SL常紋号に乗ってきました。
早朝家を出発して、7時半過ぎには北見駅着。
発車まで1時間くらい前ですが、既に1番ホームに入線してました。
駅構内で売っていた記念入場券セットと、思わず列車名サボ(4,000円)と、「北見-遠軽」のミニチュアサボのキーチェーン(1,000円)も買ってしまいました(^_^;)

1時間前だとそんなに人もいなくて、SLの写真や運転席に乗ったりと色々できました。
やっぱ子供連れてると気軽に運転席とか入れていいですねw
2009常紋号01
テツ的にはC11よりも、DE15の重連に萌えw

出発式はスルーして、一番後ろの4号車で待機。
キャンセルでゲットした指定席ですが、やはりツアーで空いた分のようでした。
自分たちのボックスと隣のボックス以外は団体客でした。
幸運なことに向かいの席は空席で、広々と乗ることができました。

留辺蘂では、バックアップのDE15の運転席にも乗せてもらいました。
2009常紋号03
沿線のギャラリーも昨年に比べたらあんまりいませんでしたね。
やっぱり去年は30ウン年振りの復活というのが効いていたでしょう。
往路はC11もバック運転ということで、峠の上りになる150kmポスト付近も人影はまばら(それでも30人くらいはいた)。

遠軽に到着してようやくC11正面側の全貌が明かにw
2009常紋号04
我々はこの後すぐに来るオホーツク1号で北見に戻るので、あわただしい感じ。
一部で、【ノローツク】と揶揄される鈍足特急のオホーツクですが、流石にSL列車の後で乗ると速い速いw
1時間で北見に到着。
久しぶりの乗りテツは4時間弱で終わってしまいました〜。
posted by 鉄ネット・タカ at 10:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ┗乗りテツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

嗚呼…無情…

今朝は9時位から雪が降り始めた。ただ粉雪だったので大したことないだろうなどと思いつつJALの運行状況を見た。
【降雪の為、只今搭乗手続きを中断しております】
↑ちなみに羽田からの下り便です。

まぢ!?


まぁでも出発(下りの12時台で、僕が予約してたのはその折り返し)まであと1時間以上あるし、外あんま降ってないし…などとタカをくくってたんですが、5分後見ると【欠航】の二文字が…orz
当然折り返しの搭乗便も欠航な訳です。
予約センターに電話して、念のために20時台の次の便へ変更

ただこれは羽田に22時に到着する便で、【北陸】の上野発は23時過ぎ。
到着口から1時間しかないのはかなりギリギリの線

昼で会社上がって家で昼食してると、姉(北陸フリーきっぷ買ってくれた)から電話が。

「北陸、運休みたいよ。大雪で」

まぢ!?

急いでパソコン立ち上げて運行情報見ると【運休】の二文字が…orz

まぁそれでも、親が持つマンションに泊まって朝イチの新幹線で向かえば、とりあえず昼前には金沢界隈に行けるから、予定していた行程の半分はいけると。

それからは、運行状況見ながらの展開です。

結局16時過ぎに、最終便の欠航が決定_| ̄|○

欠航で旅行中止ってことで、マイレージ特典はそのままマイルば戻る取り消しに。
問題は北陸フリーきっぷ。
とりあえずR東日本のテレフォンセンターに電話して確認。
こちらが北海道で明日までの払い戻しは無理という旨を話したところ、最寄りの駅(釧路駅)で、帰りの分の北陸の寝台券を取り消し処理して、その証明書(みたいなもの)を添付して、他のきっぷ一式と共に出してくれれば、手数料無しで全額戻るということで、取り消し処理してきました。

上手い具合に15時のJALで東京に行っていたら…
夕方、銀座の某ショップでカメラバッグを購入して、夕食後に【Bar銀座パノラマ】で軽く呑んで気分を高めつつ、【北陸】乗車
翌朝は、金沢到着後すぐに七尾線で和倉温泉往復、高岡に戻って城端線往復、万葉線に乗りつつ渡し船で氷見線伏木付近から雨晴、氷見へ
金沢に戻ったら、北陸鉄道の旧井の頭線3000系に乗って帰りの【北陸】まで夜の金沢を楽しむ…。
上野からはそのまま東海道線で茅ヶ崎まで行って【富士はやぶさ】を撮影したり、都内のお手軽ポイントで撮影なんかしようかと思ってたわけです。

今日ほど雪を恨んだことはないですねw

悔しいので、今夜は去りゆく星空の夜行列車(扶桑社刊)を読んで、せめても気分だけ味わって寝ることにします(^_^;)
posted by 鉄ネット・タカ at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ┗乗りテツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

【ラストラン】まりも最終列車乗車記【グランドフィナーレ】

前日晩の【まりも】に乗車し札幌へ行き、昼間は「日高線」「夕張支線」を乗りテツしながら、21時に札幌に舞い戻ってきました。(こちらのレポについては後日)

ちょうど乗っていた【快速エアポート】が5番線に到着。【まりも】は6番線なので同じホームです。
とりあえずどんな状況か見てみると、入線1時間半前ですが、セレモニー会場が区画されてる以外は以外と閑散としてて、向かいの7番線も含め撮りテツさんの場所取りはまばらで拍子抜けしました(^_^;)
ラストランまりも01
小腹が空いてきたので、ステラプレイスの蕎麦屋さんでざるそばを食してから駅に戻りました。
21:40くらいでもまだまだ列車が行き来してるからか、案外いつも通りの風景です。
自由席の待ちはどんなもんか?と見に行ったところ、長蛇の列が!?
しかし、よく見ると乗客は反対方向を向いてます。5番線から出る【急行はまなす】の待ち客でした(^_^;)
【まりも自由席】乗車口は誰一人並んでませんでした_| ̄|○

【まりも】を見送りor乗車に来た人も【はまなす】の撮影に夢中です。
やっぱり夜のホームに佇むブルーの車体はいいですね。
【はまなす】を見送った後、自由席乗車口かぶりつきに荷物を置いてホームを行ったりきたりして過ごしました。
だいぶスタッフや客が増えてきたとはいえ、本州なんかでみる【葬式シーン】(最近だと急行銀河とか)とはかけ離れてましたねw
場所取りで怒号が飛び交うわけでもなく、皆さん礼儀正しく待ってました。

22:30過ぎ、いよいよ最終の【まりも】が入線してきました。
先日の編成と同じに1両追加と思いきや、ガラっと中の車両は変わってました。
先頭スラント、しんがりが青ボウズは変わらないのですが、中間に500番台のキハ183と青ボウズが入って堂々の9両編成です。
入線後は撮影大会が両端で行われてましたw
ラストランまりも04
セレモニーも始まって、とりあえず写真だけ撮りに先頭へ向かいました。
横断幕が掲げられてたものの、こじんまりとした感じでしたね。
ラストランまりも02
出発までの間は色々見て回ってました。
結構一般の人も見に来てて、若い女の子達も記念写真なんか撮ってました。
携帯でなくちゃんとコンデジ持参で来てたので、通りがかりというよりも、敢えて見に来てた感じです。
ラストランまりも03
寝台では出発前に検札業務が始まり、発車まで時間がせまってきました。
押さえてた指定席が1号車だったのでそちらのデッキで出発を迎えます。
ラストランまりも05
釧路駅では『蛍の光』が流れて感動的なフィナーレだったようですが、札幌駅は至って普通な出発でしたね。
タイフォンを2度鳴らしたくらいですかね?
ホームの人たちに見送られながら、23:08定刻に最後の札幌駅6番ホームを離れました。
苗穂を過ぎたあたりで車内放送が入りました。
最終列車らしく、特別な原稿が用意されてたようです。
自由席の8号車に戻る途中、隣の車両のデッキにいた方に声かけられて、ちょっとビックリしました(^_^;)
声をかけて下さったのは、ブログをお互い見てた関係の『【優駿浪漫街道】 日高本線』さんでした。
浪漫街道さんは新札幌まで記念乗車だったようです。
何故僕のことを分かったかというと、お盆にあった釧路車両所祭りの時に浪漫鉄道さんも来ていて、そのブログの中で僕と息子がミニおおぞらに乗ってる画像があったのです。
そこにコメントを残したのがきっかけだったのですが、それで顔を覚えてくれたみたいです。
色々とお話したかったのですが、いかんせん新札幌までは数分しかなく…すぐに別れてしまいました。
とても感じの良い方だったので、またどこかでお会いしたいですね〜。
で、新札幌に到着したんですが、いや〜降りる降りるww
数は把握してませんが数十人は降りたんじゃないでしょうか?
特急券も300円なので記念乗車証明書もらいがてら、短いお別れ乗車をした方が沢山いた模様です。
ラストランまりも06
新札幌を出ると車内もまばらとなって、席を確保した自由席も皆さんシート回してボックス状に各々のんびりしてました。むしろ指定席のほうが混んでた感じです。
コンタクトを外した後、僕も足を投げ出してしばし外の夜景を見て過ごしました。

南千歳で数人乗ってきました。
どちらかというと単に最終の飛行機で千歳に着いて、そのまま乗ってきた感じです。

南千歳を出てしばらくすると消灯(正しくは減光)され寝に入ったのですが、昨日とはうって変わってなかなか寝付けず…。
追分で一度目が覚め霧の中に佇むホームを見て横になります。
その後新得・帯広と停まるたびに目が覚めてしまいました。

浅い眠りを続けながら夜が明けてきた窓を見やると上厚内を通過したあたりでした。
厚内の海岸沿いから尺別へ…。
ラストランまりも07
尺別の丘を見やると、1名撮影しているのが見えました。
音別の海岸線を走っていると、ダートを疾走するアコードワゴンが…。
よく見たら、助手席の窓に急行時代のまりものサボが!!
ラストランまりも08
馬主来沼を通り古瀬、白糠へ。
今までと変わらない朝の霧に包まれた車窓も今日が最後なんだなぁと思いつつ…。
列車交換で一時停車していた新富士を発車すると最後の終着アナウンスが流れました。

録音ミスにより音割れてますが…【まりも終着アナウンス】(2.28MB)

釧路車両所を過ぎるといよいよ終着釧路です。

定刻に釧路駅1番ホームに静かに滑り込みました。
降りてキハ183-100の青ボウズに向かうとソッコーでヘッドマークが回転…。
183系らしく、懐かしい【おおぞら】のマークも見れました。
ラストランまりも09
先頭に向かうと、NHKとHBCのTVクルーが取材に来ていて、何人かにインタビューしてました。
6:57、短い時間で回送列車となります。
定期列車ではもう二度とキハ183系が釧路駅に入線することはないでしょう…。
残った乗客や見物客に見送られながら、道内夜行特急【まりも】の物語が静かに終わりを告げました
ラストランまりも10
狩勝時代、急行時代、おおぞら時代と、全ての時代で何度となく乗車した【まりも】
いつの日かその名称がどこかで復活することを祈りつつ…
posted by 鉄ネット・タカ at 16:15| Comment(4) | TrackBack(1) | ┗乗りテツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

夜行特急【まりも】最終列車に乗車!…の予定

いよいよ道内完結夜行列車のラストランナー【まりも】正真正銘ラストランまで1週間になりました。

…というわけで、【まりも往復きっぷ(10,000円)】を使って、最終列車に乗ってくるべくきっぷを購入してきました。

土曜夜の便で釧路を発ち、31日日曜日の最終で戻ってくるという、40手前のカラダにはかなりの強行軍…。

現在のガラガラ状態とは異なり、隣も前も後ろも乗客がいるだろうから、それはもう【水曜どうでしょうの深夜バス】並みに厳しい戦いになりそうな予感です(^_^;)
まりも最終きっぷ
まぁでも、今まで世に言う!?【葬式テツ】というのはしたことがないので(多分この先もないでしょう)、頑張ってみるか…といったところです。

廃止を予見してたわけじゃないですが、ここ1年の間に【まりも】の寝台を4回程乗ってるので最後の締めくくり(座席ですが)ですねw

日曜の昼間は、【一日散歩きっぷ】で乗り鉄するか、札幌近郊で撮り鉄するかして過ごそうかな?と思ってます。
posted by 鉄ネット・タカ at 16:31| Comment(1) | TrackBack(1) | ┗乗りテツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。