2012年02月02日

【SL】釧路市内で新規開拓してみる【湿原号】

『新夢が丘夜間撮影』翌日は、息子にせがまれて湿原号ウォッチに出かけました。
普段あんまり見ない所(撮ってない)ということで、材木町踏切へ。
帰りのSLは大体この踏切を過ぎた辺りで絶気(スロットルオフ)して釧路川橋梁へと入っていくので、煙が期待できるのはその手前。
とはいいつつ、そもそもこの付近の帰りの列車を見たことないのである意味新規開拓です。
SLが正面に見えるアングルを探して踏切から東釧路駅方向へ。
ちょうど数100m先にあるバス停『材木町通(釧路バス32番別保線)』近くが良さそうなので、そこから雪の積もった空き地に二人で入ります。
体重の軽い息子は難なく歩けますが、約5倍重い僕は長靴がズボズボはまります(^_^;)
三脚持って行くの面倒だったので一脚での撮影。

SL冬の湿原号(C11-171) 根室本線 東釧路-釧路
120129 C11-171 材木町
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
200mm(35mm 換算:300mm)1/800 f8 ISO200 WB:5560K


逆向運転(帰りが正面向いてる)の時は釧路駅に一番近い場所で煙出ている所を間近で見れる場所かと思います。
アクセスも良いですしね〜。(駅からタクシーでも1000円程度でしょう)

帰ろうと二人で歩道を戻っていたら、踏切の音が…。
花咲線の列車かね〜なんて話していたら、鉄橋を渡ってきたのは『キハ400お座敷列車』
そう、前日に根室から旭川へ行っていた『ご当地銘酒めぐり号』の帰りに遭遇したのです。
急いでバッグからカメラを取り出しなんとか撮影(^_^;)

このツアーに参加していた『臨鉄メンバー』の厚岸Iさんが窓から笑顔で顔出してて笑いました。
※この画像は小さいですが、原版でははっきり写ってますw

キハ400 ご当地銘酒めぐり号(9603D) 根室本線 釧路-東釧路
ご当地銘酒めぐり号
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
95mm(35mm 換算:142mm)1/800 f8 ISO200 WB:5560K


にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
バナーをポチっとお願いします

posted by 鉄ネット・タカ at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ┃┣SL冬の湿原号特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

【SL】川湯延長運転・撮りテツ2日目【湿原号】

二日目の日曜日は、4歳の息子を連れての撮りテツ。
そんなわけで、あんまり…というか、ほとんど『無理』はできません(^_^;)

嫁さんと娘を釧路市内の実家へ降ろし、二人で釧路湿原道路を通り国道391へ。
朝から雪が降っていたせいか俯瞰気味なサルボ展望台や三角点、二本松には人影も見えませんでした。それでもサルボ展望台下の駐車場に3台ほど駐車していましたが。
当然シラルトロやルルランの牧草地にも人っこ一人いませんでした(^_^;)
前日の土曜日もそうでしたが、全体的に今年は撮影する人が減ったような気がします。

で、着いたのは昨年も家族で撮影しに来た、標茶郊外の牧草地で地元の乗馬クラブの方々がSLと併走するイベント会場。
昨年は駐車場と馬が走るルートのみ除雪されていましたが、今年はなんと線路脇のお立ち台(撮影エリア)も除雪してくれていました。(ちなみに除雪をボランティアで行ったのは標茶町内の建設会社さんです)

約1時間前に到着した時は三脚も5〜6台と少なく、昨年は横アングルで撮影したので今年は正面がちに撮影することにして線路に一番近い所にスタンバイしました。
すると、先に来ていた撮りテツ仲間のY君のそばに見たことあるような方が。
鉄道写真家の持田昭俊さんでした。
図々しくも挨拶させていただきました(^_^;)

持田さんは、幼少時より聴覚障害をもっていてお話も中々出来づらいのですが、精力的に作品創りをされている方です。
公式サイトはこちら→http://www.mochida-photo.net/

さて、このイベント会場では地元の農家の方々が無料でホットミルクを飲ませてくれたり、パンやそばを売ったりしています。
標茶で交換する『快速しれとこ』が通過する頃には数十人のカメラの列が出来ていました。
息子も雪にまみれながらお下がりのコンデジで準備万端!?です。
っていうかハシャギすぎて、周りにご迷惑をかけしました(^_^;)

D300Sのほうは望遠で撮影、D90はNDフィルターを装着して流し撮りにチャレンジします。
まずは『しれとこ』で練習。
トリミングしないと見れない…まだまだ修行が足りないですね…。

快速しれとこ 釧網本線 磯分内-標茶
快速しれとこ 流し撮り
Nikon D90 SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO + ND-8フィルター使用
32mm(35mm 換算:48mm)1/25 f11 +0.3EV ISO200 WB:5500K


標茶駅を発車する汽笛がこだますると、いよいよ『冬の湿原号』がやってきます。
乗馬軍団の方々もスタート地点!?でスタンバイ。
しばらくして防風林の向こう側から煙が立ち上るとスタートです。
昨年同様馬のほうがどうも速いようです(^_^;)
結局列車の前に馬がはいってしまい、昨年に引き続きイマイチな結果に…。
生き物相手とはいえ中々難しいです。
乗馬クラブの方々も色々とタイミングを図って走らせてるようなんですが、こちらも難しい感じでした。

SL冬の湿原号 釧網本線 標茶-磯分内
2012 SL冬の湿原号 標茶の馬併走
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
70mm(35mm 換算:105mm)1/800 f5.6 -0.3EV ISO200 WB:曇天


雪が降ってたのでその辺は例年より冬っぽい感じが出ましたね。
軽い雪なのでレンズ周辺に巻き込まないように気を遣いますが…(^_^;)

手持ちのほうは…。
こちらも機関車だけ切り取って、まぁ何とか…(^_^;)

2012 SL冬の湿原号  流し撮り
Nikon D90 SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO + ND-8フィルター使用
26mm(35mm 換算:39mm)1/25 f8 -0.5EV ISO200 WB:5500K


SLはスピードが遅くて(この時点で30km/hくらいか!?)、1/25秒でもあんまり流れないですね。
ここのセクションは線路の手前にも低い木が立ってるので、流して目立たなくするというアプローチは悪くないんですがね〜。

本来はここで撤収というところですが、どうも消化不良気味だったので思い切って弟子屈まで追いかけることに。
摩周駅を発車してすぐの市街地にある踏切は、発車&上り坂ということで絶好の『煙モクモク』ポイントで人気があります。
降雪の影響か、そんなに人はいなくて早めに現地入りしているベスポジ狙いの方が数名。
それでも地元の普通の人々も入り乱れて通過する頃には10名以上になっていましたが。
雪が結構降っていたので、踏切脇にクルマを駐車させて息子は車内から『見るテツ』
僕は踏切の川湯側の誰もいない後ろから抜くことに。
三脚を設置するスペースがなかったので、一脚を使用して撮影です。
もう少し上に煙が立ち上がる部分を余裕持たせるべきでしたが、まぁ及第点ということで…。

SL冬の湿原号 釧網本線 摩周-美留和
2012 SL冬の湿原号 摩周
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)+Ai AF-I Teleconverter TC-14E
240mm(35mm 換算:360mm)1/800 f5.6 -0.5EV ISO200 WB:曇天


一緒にいたY君も撤収ということで、こちらもえっちらおっちら帰りました。

Y君が日の落ちた釧路川へ行くというのも話していたので、夕方一人で釧路川へ向かいました。
雪ということで前日よりも早くに日が暮れてしまい、釧路川橋梁に着いた時にはほぼ真っ暗(^_^;)
通常ですと左岸下流のお立ち台ポイントから撮影するのが定番ですが、左岸上流の岸辺(半分水に浸かってます)で。
ちょうど橋の下から昨年できた釧路川河川敷の街灯が入る感じです。
先客はY君のほかに地元の撮りテツ!?の方が1名。
3人川に浸かって三脚を立てて…。
湿原号が来る17時くらいにはもう、雪も半分雨というかみぞれ交じりになって、昼間のような雪の雰囲気はなくなってしましました。
外の二人はストロボと使用しての撮影。
自分は低速シャッターでブラすことにしました。

RAW現像時にホワイトバランスをいじくり、ブルーモーメントな感じに仕上げてみました。

SL冬の湿原号 根室本線 東釧路-釧路(釧路川橋梁)
2012 SL冬の湿原号 夕暮れの釧路川
Nikon D300S SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
17mm(35mm 換算:25mm)1/10 f3.5 -0.5EV ISO1600 WB:グレーポイント使用(RAW現像時)


標茶以北で湿原号を撮影するのも初日(の週末)だけなんですが、この日の暮れた感じの釧路川を渡るのも延長運転の時だけ(釧路-標茶間の時は15時頃なので)なので、3人でイマイチだね〜と言いながら、また来年だなと笑っていました。

今年NDフィルターも購入したので積極的に『流し』の練習したいなと思っています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
バナーをポチっとお願いします

posted by 鉄ネット・タカ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ┃┣SL冬の湿原号特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【SL】川湯延長運転・撮りテツ1日目【湿原号】

先週末、いよいよ待ちに待った『SL冬の湿原号』の今年の運行が開始されました。
例年通り初日・2日目は川湯温泉までの延長運転です。
前回エントリでお知らせした通り、今年は『石山』をパスして追いかけながら撮影することに。
初日の土曜日は、秋にこちらにUターンしてきた幼なじみのGを誘いました。
小中学生の頃によく二人で星が浦界隈へ撮影に行っていたのです。

さて、Gをピックアップしたまずは遠矢〜釧路湿原間にある『岩保木水門』へ。
ここはあんまりメジャーじゃない場所(車窓的にはメジャーですが)なので、手前の岩保木踏切付近には数名のカメラマンがいたものの、この辺りは誰もいませんでした。

結構驚いたのは、この場所で釧路駅を発車する時の汽笛が聞こえたことですね。
かなり距離は離れているんですが、さすがに田舎です(^_^;)

SL冬の湿原号 釧網本線 遠矢-釧路湿原
2012 SL冬の湿原号 岩保木
Nikon D300S SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
38mm(35mm 換算:57mm)1/500 f8 ISO200 WB:5500K


撮影後はすぐさま移動開始。
糖路駅停車中に追いつきましたが一気に弟子屈方面へ。
コッタロへの踏切、サルボ展望台、シラルトロ湖にも結構な人たちが待っていました。

当初南弟子屈そばの踏切を考えましたが、何となく他を当たるもよさげな場所が見つからず…。
結局通過時刻も迫ってきたこともあって、10年ほど前に撮影したことがあった南弟子屈と摩周駅の間にあるカーブした踏切へ。
先客が5名程いましたが適当な場所を確保して撮影。
なんかイマイチ…

SL冬の湿原号 釧網本線 南弟子屈-摩周
2012 SL冬の湿原号 南弟子屈
Nikon D300S SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
50mm(35mm 換算:75mm)1/1000 f5.6 ISO200 WB:5500K


次のポイントは、数日前にロケハンした場所へ。
予想した通り太陽は正面真上。
この光をうまく使うことができるか!?
それ以前に煙出てくれるのか!?

早めにスタンバイして待つこと30分…。
遠くからドラフト音が聞こえてきました。
…が、煙は期待したほどではありませんでした…。
まぁそれでも煙が逆光で光った感じはイメージ通りでした。
RAW現像とトリミングで何とか見れるカットに(^_^;)

SL冬の湿原号 釧網本線 美留和-川湯温泉
2012 SL冬の湿原号 美留和
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
170mm(35mm 換算:255mm)1/1250 f9 +1.5EV ISO200 WB:5560K


さて、通り過ぎて石山へ向かう『湿原号』。石山セクション手前の直線でめいっぱい吹かして煙が立ち上がりました。
そう、石山の煙は手前でおこしていたんですね…。
今年は風に煽られることなくキレイに立ち上がったでしょうか?
撮影場所からはカーブの先までは見えませんでしたが…。

当初は釧路川で最後の撮影をしようと思いましたが、そこそこ天気も良かったので茅沼温泉の先にある『蝶の森展望台』へ行くことに。
ここはキャンプ場の駐車場からきっちり30分はかかる場所。
15時過ぎに茅沼温泉に到着。
一応不測の事態を考え、スノーシューで歩き出しました。
遊歩道は結構歩いた跡があったのでシューがなくても問題ありませんでした。
最初の展望台から更に湿原の中の細い木道(雪で隠れていますが…)を伝って、奥の観察展望台へ。
予想通り30分かかりました(^_^;)
さすがに足場の良くない場所を2km程歩くと疲れます。
何より驚いたのは先客が一人いたことです(笑)
去年は自分一人だったんですけどね。

低い山の向こうに日が沈むので、日没よりも早くに太陽が落ちてしまうのが難点です。
湿原号が通過する頃はかすかに赤く染まる程度で、やはりこの季節は厳しいものがあります。
3月下旬に予定されている2回目の延長運転時にはいい頃合いになる予感がします。
敢えてNDフィルターでスローシャッターでブラしてみましたが、離れていたせいであんまり効果なかったかも!?
それでもRAW現像時にホワイトバランスをイジって仕上げてみました。

SL冬の湿原号 釧網本線 茅沼-糖路(蝶の森展望台)
2012 SL冬の湿原号 蝶の森
Nikon D300S SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO + ND-8フィルター使用
34mm(35mm 換算:51mm)1/20 f5.6 -0.5EV ISO200 WB:9000K


翌日曜日は、息子に見せに連れて行かなければならないのであんまり追いかけられないのですが、その模様は次回へ…。

にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
バナーをポチっとお願いします

posted by 鉄ネット・タカ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ┃┣SL冬の湿原号特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

SL冬の湿原号スナップあれこれ【動画も有り】

SL冬の湿原号期間中は、釧路に行った合間の時間に釧路川橋梁とかでコンデジ撮影なんかしてたので、その時の写真や動画を…。

まずは2月2日に旭橋から撮影

釧路-東釧路
20110202_湿原号
Canon Powershot S95
10.7mm(35mm換算:50mm)1/500 f7.1 ISO100 WB:AUTO
マイカラー:ポジフィルム


2月5日は、息子が見たいというので釧路川橋梁に行ってきました。
この時はiPhone 4の動画アプリ8ミリカメラ(\230)でレトロな感じで撮影してみました。

iPhone 4 アプリ:8ミリカメラ

2月9日は、東京からブログ友達の『みゅーりゃー』さんが来釧。前日夜に一杯やって翌日は遠矢で一緒に撮影して、南蛮酊で『ザンタレ』を堪能しました。

遠矢-釧路湿原
20110209_湿原号
Nikon D300S SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
17mm(35mm換算:25mm)1/2000 f6.3 ISO200 WB:5560K


この時は、別にD90でDムービーで撮影してみましたが、MFなので焦点固定での撮影で音もモノラルなのでイマイチですね。外部マイクは必須の模様

Nikon D90 AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
200mm(35mm 換算:300mm)D-movie


バレンタインデー!?はコンデジ持ってなかったので、iPhone4で撮影。
ちょうど元機関士のKさんと会ったので一緒に撮影させてもらいました。手前はKさんが引き寄せたw蓮の葉氷が…(^_^;)

釧路-東釧路
20110214_湿原号
Apple iPhone 4
3.8mm(35mm換算:32mm)1/1774 f2.8 ISO80 WB:AUTO


2月26日は逆向き運転だったので、帰りが1エンド向きということで下り湿原号を釧路川橋梁で撮影してみましたが、予想通り釧路駅到着前の絶気状態で煙り無し…_| ̄|○
まぁでも普段見慣れない右岸からのカットということで(^_^;)

東釧路-釧路
20110226_01_湿原号
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
70mm(35mm 換算:105mm)1/1000 f5.6 ISO200 WB:5560K


サイドからアップで撮影したものをRAW現像時にハイコントラストなモノクロ処理をしてみました。
20110226_02_湿原号
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
82mm(35mm 換算:123mm)1/1000 f5.6 ISO200 WB:5560K
RAW現像時:モノクロ
posted by 鉄ネット・タカ at 09:41| Comment(3) | TrackBack(0) | ┃┣SL冬の湿原号特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

冬の湿原号・重連運転2011

今年の重連運転は平日になってしまいました。
これは、重連運転時は客車が1輌減って4輌になってしまうので、週末はなるべくたくさんのお客さんを乗せたいということで、平日に運転されることになってしまいました。

というわけで、わざわざ休みを取ってw追っかけです。

ちらっと『釧路川橋梁』のポイントへ行ってみたところ、尋常じゃない数の人がいたのでとっとと退散。
来たのは遠矢駅からほど近い(クルマでは)、岩保木踏切。
すでに3名ほど先客がいたものの場所は確保できました。

今年の湿原号は、どうも『横風』に邪魔されます…。
結局煙が流れてイマイチは結果に。
てか、重連が映える構図って結構難しいかも!?

遠矢-釧路湿原
2011重連運転 01
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
98mm(35mm 換算:147mm)1/1250 f6.3 ISO200 WB:5560K


次は茅沼駅へ移動。
こちらも撮影は初めての場所(20数年前に来たことあったかも!?)で、狙うは『タンチョウとのコラボ』
どっちも動いてるので中々難しいですね…

茅沼駅
2011重連運転 02
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
120mm(35mm 換算:180mm)1/640 f8 ISO200 WB:5560K

すぐさま標茶方面に走り、ルルラン踏切手前の牧草地で、白樺越しに流してみるもののまだまだ修行が足りないです。
てか、晴れの雪面だとNDフィルターないとどうにもなりませんね(^_^;)
次回への宿題です。

五十石-標茶
2011重連運転 03
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
200mm(35mm 換算:300mm)1/60 f16 -0.5EV ISO200 WB:5560K


昼食は標茶市街にある『喫茶ぽけっと』で。
ここの女性マスターさんもSLの写真を撮られる方で、店内にはたくさんの写真が飾られています。
もちろん、SL撮影に来るファンが集うことでも知る人ぞ知るといったところ。

ホームページはこちら
http://www3.plala.or.jp/kissa-poketto/


返しのバック運転は茅沼駅に戻り、踏切付近から発車の爆煙を狙います。
結構いい感じで撮れたかな!?

茅沼-塘路
2011重連運転 04
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
200mm(35mm 換算:300mm)1/800 f6.3 -0.5EV ISO200 WB:5560K



至近距離からのは横位置で。
2011重連運転 05
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
90mm(35mm 換算:135mm)1/800 f6.3 -0.3EV ISO200 WB:5560K


最後は釧路川橋梁の上流から、日が傾いてきた所をシルエットで狙ってみました。

東釧路-釧路
2011重連運転 06
Nikon D300S SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
32mm(35mm 換算:48mm)1/3200 f8 -0.3EV ISO200 WB:8000K


ちなみに、先日2/28は行きがバック運転、帰りは正向きの重連運転だったのですが、仕事の都合で撮りに行くことができませんでした…。
posted by 鉄ネット・タカ at 16:59| Comment(5) | TrackBack(0) | ┃┣SL冬の湿原号特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。