2011年02月25日

【釧路トワイライト】&【Fitの取材】

1/23の乗馬撮影の後、阿寒に戻る前に釧路駅そばの跨線橋に行ってみました。
川湯延長運転の時は湿原号の戻りも暗くなってからなので、ある意味延長運転の時しか狙えない『湿原号@夜間鉄道』を狙おうかと。
セッティングしてると5番線から列車が発車したので急いで撮影。

花咲線5637D
夕暮れ釧路駅 110123 1
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
200mm(35mm 換算:300mm)1/80 f5.6 ISO200 WB:8000K


でもって、いよいよメインの『SL冬の湿原号』到着シーンです。
こういうシチュエーションが初めてだったので、シャッタースピードの塩梅がわからず…。
なんとも中途半端な感じに。
高感度にして『止める』か、思い切り『ブラす』かにすれば良かったと後悔…。

東釧路-釧路
夕暮れ釧路駅 110123 2
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
105mm(35mm 換算:157mm)1/15 f2.8 ISO800 WB:4500K


逆に到着後のほうが煙の流れが見えて良かったような…

釧路駅
夕暮れ釧路駅 110123 3
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
200mm(35mm 換算:300mm)1/10 f2.8 ISO800 WB:4827K

来年は色々と挑戦してみたいですね。

ところで、湿原号の運転開始直前、地元広告代理店が発行(新聞折込)している『月刊Fit釧路版』から、取材依頼のオファーが当ブログのコメント欄に(笑)
なんでも『オトコの趣味』を見開きで紹介するページで鉄道写真を取り上げたいと。
で、恥ずかしげもなく受けることに(^_^;)
SLを撮影しているところを取材したいということで、当初は初日(川湯延長運転時)にとのことだったんですが、流石にライターさんを雪中行軍させるわけにも行かず(笑)、翌週取材用に撮影しに行くことに。
当日は塘路駅で待ち合わせ。
昔撮りテツだったこともあるという、ライターさんの旦那さんも同行。今は飛行機をメインに撮影しているそう。

向かったのは、定番の『塘路・二本松』
撮影場所近くまでは車高の高い『SUBARU OUTBACK』で。
現地に着くと、ビデオカメラをセットされたプロ風の方がいたくらいで、場所も確保できました。

撮影までは1時間以上あるので、三人で鉄道やらカメラ談義をして過ごしました。
でいよいよ撮影。
ライターさんは、脚立に上がって撮影する僕を後ろから逆撮影してる模様です。
とりあえず、サルルン沼をゆく湿原号をサイドから

塘路-茅沼
Fit取材1
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
200mm(35mm 換算:300mm)1/800 f8 ISO200 -0.3EV WB:5560K


でもって本番ショット
Fit取材2
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
200mm(35mm 換算:300mm)1/800 f8 ISO200 -0.3EV WB:5560K

↑の写真は誌面でも使われるそうです。

そんな、『月刊Fit 3月号』は、本日(2/25)だか明日(2/26)だかの北海道新聞の夕刊折込で市内に配布される予定です。
地元の方は是非見てやって下さい(笑)
posted by 鉄ネット・タカ at 08:40| Comment(5) | TrackBack(0) | ┃┣SL冬の湿原号特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

【2011】SL冬の湿原号【始動】

九州乗りテツレポで中々更新できませんでしたが、今シーズンの『SL冬の湿原号』もしっかり撮影していますよ。
まずは初日(1月22日)は3年目となる川湯の『石山』へ。
実は前乗りして場所を確保してた(^_^;)ので、通過1時間前くらいに行きました。
今年は新にちゃんとした『スノーシュー』を購入したので、今まで以上で雪中行軍が楽でした。

昨年よりも東側かつ上のエリアで撮影しましたが、横風で煙が流れてイマイチでしたね。

美留和-川湯温泉
湿原号2011 0122石山
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
Ai AF-I Teleconverter TC-14E
240mm(35mm 換算:360mm)1/1000 f8 ISO200 WB:5500K


折り返しは茅沼温泉の奥にある『蝶の森展望台』へ行ってみることにしました。
ここは1年以上前から来てみたかったとこで、夏場に一度下見したことがあるのですが撮影自体は初めてです。
温泉の駐車場から歩いて30分はかかる場所なので結構マイナーな場所です。
この日はもちろん僕一人でした。

ただ、若干列車が遅れた関係で日が沈んだ後の通過でこちらもイメージと違う感じになってしまいました…。
茅沼-塘路
湿原号2011 0122蝶の森
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
200mm(35mm 換算:300mm)1/80 F4 ISO200 +0.3EV WB:晴天日陰

納得いかないので、塘路で交換した下り普通列車を流してみました。
空の色なんかはいい感じに出てると思います。
でもまたリベンジしたい感じではありますね。
撮影場所は、上の展望台から若干戻った野鳥観察小屋の辺りです。

蝶の森夕暮れキハ54
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
200mm(35mm 換算:300mm)1/80 F4 ISO200 +0.3EV WB:晴天日陰


翌日は家族を連れて、標茶の馬と併走する場所に行ってみました。
こちらも初めて行く場所です。
1時間前に到着したときは人もまばらでしたが、通過時にはすごい人になってました。
撮影場所からは馬とSLの位置関係がイマイチ(馬が速かった)…。

標茶-磯分内
湿原号2011 0123馬と併走 1
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
78mm(35mm 換算:117mm)1/1000 F5.6 ISO200 WB:6000K

後追いでようやくいい感じのショットに。

湿原号2011 0123馬と併走 2
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
135mm(35mm 換算:202mm)1/1000 F5.6 -1.3EV ISO200 WB:6000K


湿原号2011 0123馬と併走 3
Nikon D300S AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
135mm(35mm 換算:202mm)1/1000 F5.6 -1.5EV ISO200 WB:6000K


というわけで、本日より出張がてら(^_^;)の週末乗りテツを慣行してきます。
今回は当日まで行程を明かしませんが、テーマは【大回り】でw
行程の模様はTwitterで実況します。
http://twitter.com/#!/peguasus
posted by 鉄ネット・タカ at 08:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ┃┣SL冬の湿原号特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

SL冬の湿原号最終日

『土日きっぷの旅2010冬』は最終回を前に一休み(^_^;)
昨日3月7日で、【SL冬の湿原号】の今年の『営業運転』が終了しました。
そんなわけで、息子を連れて「釧路川鉄橋」にお見送りに行ってきました。
最終日だからか、そばの『お立ち台』も大盛況でした。

気温はちと寒かった(-2℃くらい)ものの、天気は良くて、川上から吹く風もなくいい感じの『煙』でした。
デジイチを持参しなかったのが悔やまれるところです。

手持ちは携帯だけだったので、ケータイカメラで撮影。
ケータイはタイムラグが大きいので、シャッターのタイミングが難しいのですが、ドンピシャでした(笑)
しかし、エントリー機のN705iのカメラはショボいので画質は…。
ゴルフと湿原号
せっかくなので、1ヶ月半ぶりくらいに動かしたゴルフと一緒に撮ってみました。

今日の地元新聞によると、今期の運転は昨年を上回る乗客数だったようです。
「10周年で色々なメディアで紹介されたからでは?」とは、JR北海道・釧路支社の中の人談。

ところで、【冬の湿原号】は、SL機関士・機関助手の養成も行っています。(他のSLと違って平日もびっちり運転するからだそう)
営業運転は昨日で終わりましたが、14〜17日まで国土交通省の検査官を招いての『試験』があるので、通常ダイヤ通り運転するとのこと。
15日は毎年恒例の、無料乗車体験で抽選で選ばれた一般客が乗る予定です。
乗車は出来ませんが、『撮影』はまだできそうです。

但し、これは公式アナウンスされたものではないので、JRに問い合わせしたりするのはご容赦ください。
そんなわけで、実際に走らなくてもこちらに苦情をするのもご勘弁を(^_^;)

結局、今シーズンはちゃんと撮影しに行ったのは2回きりでした。
来年はもうちょっと一生懸命撮りにいかなければ…。


次回はいよいよ、『土日きっぷの旅2010冬』最終回ですのでお楽しみに…。
posted by 鉄ネット・タカ at 09:36| Comment(6) | TrackBack(0) | ┃┣SL冬の湿原号特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

釧路川橋梁の穴場ポイント

翌日24日は、SLを見たがっていた息子を連れて家族で釧路川橋梁へ行って来ました。
先日除雪作業を行った左岸下流の場所は大勢の人が訪れる(実際30人以上はいました)ので、右岸へ。
ここも橋のたもとまで住宅があるのでアクセスが楽です。
嫁さんと息子は下流側から見せることにして、自分だけ線路を越えて上流側へ移動しました。
既に3名ほどのカメラマンが陣取っていましたが、なんとかスペースを見つけました。
先客は三脚でカメラ何台も装備でしたが、自分はカメラだけ手持ちというお手軽スタイル(^_^;)

SL通過の直前に来る根室行き『快速ノサップ』でテスト撮影。
RAW現像時にホワイトバランスを電灯にして、月明かりっぽい雰囲気で撮影してみました。

快速ノサップ 釧路-東釧路
20100124_ノサップ
Nikon D90 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G
24mm(35mm換算:36mm)1/2500 f13 ISO200 WB:晴天
RAW現像 -0.5EV補正 WB:電灯


昨日に引き続き、本日も雲一つない快晴でかつ無風

湿原号も太陽に照らされていい感じの煙のたなびきが撮影できました。

SL冬の湿原号 釧路-東釧路
20100124_SL_釧路川1
Nikon D90 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G
18mm(35mm換算:27mm)1/1600 f11 ISO200 WB:晴天
RAW現像 -0.5EV補正


後追いで全体を撮影
20100124_SL_釧路川2
Nikon D90 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G
26mm(35mm換算:39mm)プログラムオート(1/400 f10) ISO200 WB:晴天


今週末(1/30)からいよいよ3月まで毎日運転で本格始動です。
来週は標茶までですが重連運転もあり一番盛り上がることでしょう。
残念ながら、僕は旅に出る予定なので撮影できないのですが…。

posted by 鉄ネット・タカ at 09:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ┃┣SL冬の湿原号特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【冬の湿原号】今年も石山へ…

1月23日、今年の『SL冬の湿原号』の今シーズンの運行が始まりました。
オープニングの週末は例年通り、川湯温泉までの延長運転です。
従来は重連だったのですが、C11-207が全検のためシーズン開始に間に合わず、171号機単機にDE15の補機という体制でした。

前回のエントリにもあるように、夜明けに塘路で撮影した後一旦自宅に帰り、家族を釧路の実家に届けてから川湯方面に向かいました。
一般的には塘路や標茶を通って弟子屈方面にいくのが普通ですが、元々交通量が多いうえにSL撮影のクルマも多いだろうと判断。鶴居村から弟子屈に抜けそのまま裏を通って川湯方面に出るルートで行きました。
このほうが時間的に早く行けるのです。
当初は石山の混雑を想定して美留和付近での撮影を考えていたのですが、時間もあったので石山の踏切を見に行ってみると、クルマが全然停まってない(^_^;)
列車通過の3時間前くらいだったのですが…。
踏切のすぐ近くに駐車できたので、石山で撮影することに決定。
ただ、昨年撮影に行って撮影ポジションが限られているのを知ってたので、全機材を持って行って場所がなかったら…という不安もあったのでとりあえず三脚だけ持って行くことに。
昨年に比べて雪も多く、また人も少ないことから線路脇の足跡もかなり微妙な感じ。
ホームセンターで購入していた安物のカンジキを装着していざ出陣。
案の定雪はフカフカで、カンジキ無しの周りのカメラマンは相当苦労してる模様。
その脇を颯爽と追い抜いていったのですが、カンジキを履いていても場所によっては30cm以上も沈む状況。
1/3くらいで、足の付け根に痛みが…。
思いの外気温も高かったので半ば汗だくになって20数分雪中行軍して石山のポイントに到着。
昨年は場所がなくて釧路方向に向かって右側の丘のあたりで撮影したのですが、今回は人も少なくて左手の山の斜面(かなり急)になんとか木々の間から抜ける場所を確保。

やはり重連じゃないというのが原因だったのか、去年に比べて人も少ないようです。

一休みしてから、カメラ機材を取りに一旦クルマに戻ることに…。

戻る途中も続々をカメラマンとすれ違います。
去年より少ないとはいえ、やはり人気撮影地だけに人が集まってきます。
ほとんどが道外の方っぽくて、大きな荷物や三脚をかついで大変そう(^_^;)
中には普通の格好(ジーパンにスニーカー)というチャレンジャーもいて感心するやら呆れるやら…(笑)

一休みしたとはいえ、同じ行程を雪をかき分けて歩くのはかなりの負担で、次々と下半身の至る所に痛みが…。

何とかクルマに戻り、魔法瓶に入れたコーヒーとミスドを昼食代わりに食べてしばし車内で休憩。
13時を過ぎて意を決して出発です。
1回目は軽い三脚のみだけだったけど、今回は5kg位のカメラバッグ。先が思いやられます。
2往復目は明らかに歩行ペースが落ちます。
筋肉痛もピークに達して休みまくりながら歩きます。それでも他の人に比べたらかなり楽な状態なんですが。
あまりの痛みから途中で帰りたくなりましたが、三脚置いてきているのでそうもいかず…。
30分くらいかけてようやく陣地に到着。
SLの通過はもうまもなくです。
急いでセッティングして試し撮りなんかしてると、遠くに汽笛の音が聞こえてきました。
場所的に逆光なのですが、無風状態だったので煙が期待できます。ゆっくりと湿原号がやってきました。

SL冬の湿原号 美留和-川湯温泉
20100123_SL_石山
Nikon D90 SIGMA APO TELE MACRO 300mm F4
300mm(35mm換算:450mm)1/640 f8.0 ISO200 WB:晴天


最後尾の補機も上手く煙に隠れてくれました。
太陽に照らされた煙もいい感じです。

撮影終了後はそそくさと撤収準備。
足の痛みがある中なんとか他の人たちにまぎれてクルマに戻りました。

今日は雲一つない好天なので、夕焼けも期待できるということで戻りの列車を撮影するのに標茶町のシラルトロ湖に向かいます。
延長運転の時はちょうど日の入り時間と被るのです。
1時間前に到着すると既に20名程が来ていて、冷水橋のパーキングも結構混み合ってます。
湖を見下ろす法面にセッティングして準備万端です。
その間にも続々とカメラマンが集結。
突然駐車や徐行なんかして、後続のトラックからクラクション鳴らされる人多数…。
こっちは冬場とはいえスピードレンジが高いので、かなり危険。
道外の方の運転にはちょっと複雑な気持ちを抱きます。


太陽もだいぶ落ちてきてかなり良い雰囲気になってきました。

SL冬の湿原号 茅沼-塘路

Nikon D90 SIGMA APO TELE MACRO 300mm F4
300mm(35mm換算:450mm)1/640 f8.0 ISO400 WB:晴天日陰20100123_SL_シラルトロ1


木々に埋もれてしまってイマイチでした_| ̄|○

三脚からレンズを外して手持ちで後追い。
こちらのほうが上手くいったかな!?

SL冬の湿原号 茅沼-塘路
20100123_SL_シラルトロ2
Nikon D90 SIGMA APO TELE MACRO 300mm F4
300mm(35mm換算:450mm)1/640 f8.0 ISO400 WB:晴天日陰


posted by 鉄ネット・タカ at 09:08| Comment(7) | TrackBack(0) | ┃┣SL冬の湿原号特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。